製品紹介 店舗検索 FAQ お問い合わせ 会社概要 トップページ トップページ
クリーンXポリマーの特徴を教えてください。
ワックスとポリマーコーティング(クリーンXポリマー)の違いを教えてください。
ポリマー加工後、自分でワックスを塗ってもいいのですか?
ガラスコート剤(クリーンX-G)をうまく塗るコツはありますか?
紫外線や酸性雨は車に悪い影響があるのですか?
クリーンXポリマーの特徴を教えてください。
「ポリマー」と名が付く商品は数多くありますが、20数年の歴史を経たROYALクリーンXポリマーは使ってみて始めてその違いに気づきます。
クリーンXポリマーが従来のボディ処理と根本的に違う点は、塗装と同質の高分子重合体(ポリマー)を塗布し、塗装の内部に浸透させ、塗装そのものを強化するという考え方にあります。
塗装の内部に浸透することで不純物の排出を促し、塗装粒子どうしの結びつきを強化している点が最大の特徴です。

 このページのTOPへ戻る
ワックスとポリマーコーティング(クリーンXポリマー)の違いを教えてください。
従来のワックスは例えば壁装剤のモルタルのようなもので、分子同士の結び付きも弱く、単に被膜が塗装面を覆っているだけですので、耐久性も充分ではありません。
また、雨に含まれた工場煤煙、排ガス、ディーゼルカーボンや、粉塵などがワックス被膜に浸透し、水垢となって一体化してしまいます。こうした汚れはワックスごと除去しなければならないため、車の塗装面にまで微細なキズを与えてしまい、光沢を鈍らせる原因となることが多いのです。
クリーンXポリマーは高分子重合体として水と反応し、耐久性に優れた「架橋性被膜」をつくります。
汚れは被膜内部に浸透しにくく表面に溜まりますので、塗装面にダメージを与えることなく、メンテナンスで簡単に除去できます。また、メンテナンスを繰り返すほど安定化し、より強固な保護膜が形成されます。

 このページのTOPへ戻る
ポリマー加工後、自分でワックスを塗ってもいいのですか?
クリーンXポリマーの特性を最大限発揮させるために他社製品との併用は避けることをお勧めします。

 このページのTOPへ戻る
ガラスコート剤(クリーンX-G)をうまく塗るコツはありますか?
クリーンX-G施工のポイントはクリーナー作業と気温です。
専用ガラスクリーナーをガラス面に塗り伸ばし、ガラスが透明になるまでよく磨いてください。尚、その際ガラス面に水分が残っていないよう注意して下さい。また、気温が低い時や湿度が高いときなどはデフロスターなどを利用してガラス面を暖めてから施工する事をお勧めします。

 このページのTOPへ戻る
紫外線や酸性雨は車に悪い影響があるのですか?
あります。紫外線や酸性雨は時間が経過するにつれ車の表面の被膜をとり、塗装そのものを劣化させ、ボディから輝きをとり、ヒビやサビなどの原因になります。

 このページのTOPへ戻る